VIVACE BEAUTY クリニック

医療脱毛でお肌が美肌になる?
レーザー脱毛はVIVACE BEAUTY クリニック姫路院


度重なるムダ毛の自己処理は肌に悪影響。美肌には遠回りとなり易い

度重なるムダ毛の自己処理は肌に悪影響。美肌には遠回りとなり易い

 姫路で医療脱毛をお考えの方の中には脱毛に加えて美肌を目指されている方も少なくありません。
 日常的にムダ毛の処理をしている方の肌はどのようになっているでしょうか?
 肌の状態についてはどのようなものを使用して処理をしているかによって変わってきます。
 まず代表的なものとして挙げられるカミソリの場合で見た場合、刃先を肌に当てて剃っていく為に、どれだけ気を付けていても少なからず肌表面に細かい傷がついてしまいます。
 また、剃る際にはなるべく深剃りをして毛が目立たなくしたいという方が多く、刃先を押し込みながら剃毛してしまうことでより肌に負担がかかるようになってしまいます。
 こうした細かい傷により肌荒れが生じたり、傷口に瘡蓋ができ、そこから毛が生えなくなる(正確には体内で毛が成長してしまう)埋没毛の原因となります。
 このように刃物を取り扱う自己処理方法では肌表面に傷という形で負担を大きくかけてしまうのです。 
 これらの日常ケアが美肌を目指されている方には大敵になるケースが多々あります。

カミソリ以外の方法も美肌に対しては不向き

カミソリ以外の方法も美肌に対しては不向き

 ちなみに電動シェーバーの場合では、刃先が直接肌に触れにくいような機構となっている為、カミソリに比べれば負担は少ないですが、肌を傷つける可能性がゼロというわけではありません。
 美肌への目標には近いですが、ベストな方法とは言えません。
 それでは、近年広範囲を一気に自己処理出来て楽だと話題になっている除毛クリームはどうでしょうか?
 除毛クリームでは、毛を作るタンパク質に作用(分解)させ、毛を溶かすように処理をしていきますが、タンパク質で作られているのは毛だけではありません。
 人間の肌を構成する物質にもタンパク質は含まれています。
 その為、使用を続けることにより毛だけではなく肌にも作用してしまい、肌荒れを引き起こしてしまう可能性があり、相性が悪い方にとっては一回の使用でも肌に異常をきたしてしまうなど、自己処理の中でも特におすすめできない方法なのです。
 このことより、一時的に綺麗にする事は出来ても、美肌を目指す上では近道はなく、時間を要する事がわかります。
 また、粘着成分を適当な範囲に塗布し、乾かしてから毛ごと引きはがすワックス脱毛についても肌への負担が多いムダ毛処理方法だと言わざるを得ません。
 仕組み的に見ても、力業により一気に毛を抜いてしまうようなものなので、毛穴が隆起してしまったり、皮膚が傷ついてしまう可能性もあります。
 このように、どの方法を用いても日常的にムダ毛を処理する行為を繰り返すことで、肌への負担を招き、結果として肌を荒らしてしまうことに繋がってしまうのです。

女性にとっての眉の重要性と処理方法

美肌を目指す上でベストな方法は医療脱毛。医療脱毛はムダ毛処理が楽になるだけではない

 医療脱毛を行う目的として多い理由はやはりムダ毛の自己処理を行うことが面倒であるということが一番多く挙げられます。
 放っておけばどんどん毛は伸びていくので、美肌に気を遣う女性にとっては日々の自己処理が必須となるのです。
 しかし医療脱毛で得られるメリットとして、ムダ毛の自己処理を減らすことが出来るだけではないのです。
 当たり前のことかもしれませんが、ムダ毛の自己処理回数が減るということは、それだけ自己処理による肌への負担を軽くすることが出来ため、美肌となり易い傾向にあります。
 また、今まで毛穴内に太い毛が存在していたため、毛を剃った後は断面が目立って剃り跡が気になる状態でしたが、医療脱毛した毛穴から太い毛が生えにくくなることで、毛穴自体がキュッと締まりきめ細かい美肌へと変化していくのです。
 このように、医療脱毛を行うことは毛が目立たなくなるだけではなく、肌への良い影響も大きいということを知って頂ければと思います

その他の医療レーザー脱毛の基礎知識へ