VIVACE BEAUTY クリニック

日焼けをしてても医療レーザー脱毛は可能?
姫路で安心・安全な医療脱毛VIVACE BEAUTY クリニック


脱毛でよく聞く日焼けとはそもそもなにか?

脱毛でよく聞く日焼けとはそもそもなにか?

 普段何気なく耳にしている「日焼け」ですが、そもそも日焼けとはなんでしょうか?
 姫路で医療脱毛をお考えの女性の中にも、夏場お肌が焼けやすく、お悩みの方も多いのではないでしょうか?
 日焼けとは「お肌が日によって焼けた」とお考えの方も多いと思いますが、簡単に言うと、お肌に含有しているメラニンが、太陽の紫外線の刺激を受け、肌表面に生成する症状を言います。
 ではなぜメラニンが生成されるのか?  これにはメラニンが持っている「色」に秘密が隠されています。

黒色は光を吸収する

黒色は光を吸収する

 メラニンにも多々種類がありますが、一般的にアジア圏の方々が含有しているメラニンは「黒色」を形成しております。  「つまり、メラニンの含有量が多い=黒い」と言えます。
 黒色の特性は、簡単に言うと、「光を吸収する」という性質があります。
 皆さんが現在見ている「色」は光の反射により、物質固有の反射率により、反射された波長を色と認識しています。
 暗闇で色の識別が出来ないのは、黒色に光は反射せず、吸収する特性があるためです。

黒色は紫外線も吸収

黒色は紫外線も吸収

 これらの事を踏まえて、メラニンの特性を再度考察してみると、太陽の紫外線により、肌表面にメラニンを生成する。
 このメラニンは光を吸収する性質がある事から、体内への紫外線の侵入を防ぐ盾になると言えます。
 紫外線にも様々なものが存在します。その中で体内まで届く、紫外線もごくわずかではありますが、存在します。
 これらを防御するべく、メラニンが一役かっていると言えます。
 しかしこのお肌に生成するメラニンが脱毛に対しては不向きな場合があり、姫路で医療脱毛をお考えの女性の方々の中でも、「焼けやすい体質」に悩まされている方が多い傾向にあります。

しかしこのメラニンも脱毛には不向き

メラニンも脱毛には不向き

 日焼けをした肌のメラニン含有量は、日焼けしていない状態に比べて高くなっています。
 そのお肌へレーザー脱毛を行うと、メラニンのレーザー光の吸収力が高くなるため、お肌へリスクが生じる可能性が高くなります。
 また、本来脱毛するために、熱エネルギーを伝播させたい「毛」に伝わる熱量も、お肌へ吸収される熱量が増加する事で、低下してしまう事が懸念されます。
 結果、脱毛効果が低下してしまう可能性も少なからず存在すると言えます。
 そのため、安全面、効果面を考慮し、医療脱毛を受診する前にはお肌は焼けていないことが好ましいと言えます。
 現在日焼けをしており、脱毛を始めようか迷われている方は姫路の医療レーザー脱毛VIVACE BEAUTY クリニックへお気軽にご相談ください。
 お肌の状態を確認させて頂き、安全勝つ適切な治療が出来るか確認し、選定してまいります。

「日焼けをしてても医療レーザー脱毛は可能?」関連情報

その他の医療レーザー脱毛の基礎知識へ