VIVACE BEAUTY クリニック

医療脱毛と【毛抜き】の関係性。
姫路で医療レーザー脱毛はVIVACE BEAUTY クリニック


女性のムダ毛処理の代表格【毛抜き】

女性のムダ毛処理の代表格【毛抜き】

 脱毛を行っていない方で、ムダ毛を処理する方法は様々ありますが、皆さんは「毛抜き」で自己処理を行ったことはありますでしょうか?
 恐らく部位に限りを無くすとほぼ全ての方が毛抜きによる自己処理を行ったことがあるかと思います。
 ある調査では、女性がムダ毛を行う場合の自己処理方法において、1位の「カミソリ」による処理に次いでなんと2位にランクインしているといったデータもあるのです。
 なぜここまで毛抜きによる自己処理が人気なのか、毛抜きでムダ毛処理するメリットを挙げていきます。

毛抜きによってムダ毛を処理するメリット

毛抜きによってムダ毛を処理するメリット

 ・お金をかけずに毛を綺麗に処理できる
 ・細かいデザインや、毛量調整を容易に行える
 ・場所を選ばず(電源を必要としない為)どこでもお手軽に処理することが出来る
 などが挙げられるかと思います。
 確かに毛抜き用のピンセットがあればいつでもどこでもムダ毛処理が可能となります。
 毛抜き用のピンセットも今では100均などでお手軽に購入することが可能で、コスパも良いように感じられます。
 では反対に毛抜きを行う場合のデメリット(リスク)は何があるのか見ていきましょう。

毛抜きによってムダ毛を処理することのデメリット

毛抜きによってムダ毛を処理することのデメリット

 ・1本1本処理を行っていくため、非常に時間がかかる
 ・毛抜きを行う部位によっては周りの皮膚をしっかり押さえて根元から引き抜かないと強い痛みがある
 ・無理矢理引き抜くことで毛穴が広がってしまったり、イングロンヘア(埋没毛)の原因となってしまう
 以上が毛抜きでムダ毛処理を行っていく際のデメリットとなります。
デメリットに関しては特にイングロンヘア(埋没毛)になってしまうことが大きな問題となっており、次項で詳しく解説していきます。

毛抜きの危険性!【イングロンヘア(埋没毛)】

毛抜きの危険性!【イングロンヘア(埋没毛)】

 毛の性質として、力が加えられた状態で引っ張られ、途中でちぎれてしまうと毛自身は丸まってしまう特徴があります。
毛抜きの摩擦等の影響で毛穴表面にかさぶたが出来てしまった場合、毛穴の中で中途半端に毛がちぎれてしまうと行き場を無くした毛は毛穴内で成長し始め、そのまま皮膚の中で伸びた状態になってしまいます。
 これをイングロンヘア(埋没毛)と呼んでおり、大抵の場合はそのまま皮膚内で分解されてしまいますが、場合によっては皮膚内で炎症を起こしてしまい、手術を行わないといけなくなるケースもあります。
 また皮膚の中で成長してしまうと黒ずんだように見えてしまうので、せっかくムダ毛処理を行おうとしたにも関わらず、皮膚トラブルを招いてしまう可能性があるのです。

これから脱毛を行おうと思う方へ【毛抜きはNGです】

これから脱毛を行おうと思う方へ【毛抜きはNGです】

 これから医療脱毛を行おうと考えている方で、今現在毛抜きを行っている方は毛抜きによる自己処理を止めて頂くことを強く推奨致します。
 その理由としては別記事「医療脱毛と毛周期」でも解説しておりますが、脱毛施術では「成長期」に値する毛に対してのみにしかアプローチをしていくことが出来ないのです。
 毛抜きによって毛そのものが処理されてしまった箇所については当然アプローチが不可能な為に脱毛処理ができません。
 照射回数が無駄となってしまう為、効率よく医療脱毛を受けていくためにも毛抜きによる自己処理方法はおすすめ致しません。

毛抜きと医療脱毛によるお悩みは【VBC】へ!

毛抜きと医療脱毛によるお悩みは【VBC】へ!

 すでに毛抜きを行っており、毛が生えそろっていない段階だが、医療脱毛をお考えの方は是非一度VIVACE BEAUTY クリニックへご相談下さいませ。
 女性の脱毛に熟知したスタッフがお客様のお悩みをお聞きし、脱毛を行うのに最適な時期やプランをご提案致します。
 最適な脱毛時期を知ることにより、効率よく医療脱毛を受けられ、無駄なく脱毛施術を受けていくことが可能となります。

その他の医療レーザー脱毛の基礎知識へ