VIVACE BEAUTY クリニック

脱毛で起こり得る【打ち漏れ】について。
レーザー脱毛はVIVACE BEAUTY クリニック姫路院


脱毛施術時に起こり得る「打ち漏れ」とは

脱毛施術時に起こり得る「打ち漏れ」とは

 今や脱毛においては医療脱毛であるクリニックや光脱毛を中心とした脱毛サロン等、様々な場所で脱毛を受けることが可能となってきました。
 脱毛時における注意事項としてはお店側によるものとお客様側によるものがありますが、今回ご紹介するものとしては両者それぞれがよく注意しておかないと、後々のトラブルになってしまうかもしれない内容となっております。
 それが、脱毛時における「打ち漏れ」というものです。
 厳密に言えば脱毛施術を行ってから、しっかりアプローチが加えられた成長期の毛が反応し、ポロポロと抜け出す約2週間後程に目立って現れてきます。
 「打ち漏れ」とは言葉の通り、脱毛施術において照射が出来ておらず、毛に光やレーザーを反応させることが出来ていない為に起こる現象です。
 当然ながら照射を行えていないのでその部分のみ毛が抜けることがなく、周囲の毛が脱毛し始めている段階になってもしっかり生え残っている為、打ち漏れの部分のみがかなり目立ってしまう状態となってしまうのです。
 ではなぜこのような打ち漏れが発生してしまうのでしょうか?
 原因は大きく分けて2つ挙げられますのでそれぞれ見ていきましょう。

打ち漏れの原因その①:施術者による技術不足

打ち漏れの原因その①:施術者による技術不足

 打ち漏れの原因として大きく考えられるのは、施術者による照射の技術不足です。
 脱毛施術の大まかな流れとしては、まず照射漏れ防止の為に施術者の体にエリア分けのマーキングをつけていきます。
 この時使用するペンは水などですぐに落とせる水性のマーカーペンなどで行っていくケースが多いです。
 エリア分けが出来ればレーザー及び光の照射を行っていきます。
 照射を行っていく際、大きくエリア分けした中を照射していくのは施術者自身の目でうち漏れが無いように確認しながらしっかり照射をしていきます。
 ここで施術経験の少ない看護師、又はサロンスタッフなどでは自身が照射していく範囲と照射を行う為の脱毛機の照射口の大きさが上手く認識できておらず、打ち漏れへと繋がってしまう場合があります。

打ち漏れの原因その②:脱毛機による機械的な打ち漏れ

打ち漏れの原因その②:脱毛機による機械的な打ち漏れ

 医療脱毛(レーザー脱毛)にしろ光脱毛にしろ、使われる脱毛機はもちろん沢山の種類があり、光やレーザーが出る照射口の形についても様々なものがあります。
 照射口の内部においては照射のパワーが全面均一ということは難しく、照射口の中央部分と端の部分とでは少なからずパワーが変わってくることもああります。
 なので漏れなく照射は出来ても効果の違いが場所によってはハッキリ出てしまう可能性があります。
 結果的に打ち漏れのような状況となってしまい、抜けている所や抜けていない所が出てきてしまうのです。

 上記のような原因によって起こる可能性がある打ち漏れですが、解決方法として照射箇所が重なるように何度も照射すれば良いのでは?と考える方も多いでしょう。
 しかし何度も重なるように照射してしまうことで肌荒れや場合によっては火傷などの皮膚トラブルを招いてしまう可能性もあるので、何度も照射をすれば良いというわけにもいきません。
 打ち漏れが起きないようにする上で大切なことは、各クリニックやサロンで使用している脱毛機を熟知した経験豊富なスタッフに脱毛施術を行ってもらうことです。

打ち漏れが起こる前に知っておいてほしいこと

打ち漏れが起こる前に知っておいてほしいこと

 実際、打ち漏れが起こってからクリニックやサロンに伝えても取り合ってくれないケースもあります。
 パッと見て明らかに毛の濃い薄いが分かる場合を除き、見る人によって判断が難しい場合は打ち漏れと認定されないことがあるのです。
 打ち漏れでないような箇所に対しても打ち漏れだと主張し、再照射を何度も依頼してしまうような人も中にはいるようなので、ここで大事なのが脱毛施術を行う前の事前の打ち合わせです。
 脱毛をお願いするお店に対して、打ち漏れの明確な基準や、アフターフォローなどをしっかり聞いておくことで、後々のトラブルを未然に防ぐことが出来ます。
 VIVACE VEAUTY クリニックにおいては、お客様が安心して脱毛施術を受けて頂けるようにお客様との対話を何より重視しております。
 分らないこ、不安に思うことは何でもご相談下さいませ。

その他の医療レーザー脱毛の基礎知識へ