VIVACE BEAUTY クリニック

脱毛と【硬毛化】の関係性。
姫路で医療レーザー脱毛はVIVACE BEAUTY クリニック


硬毛化とは一体どういった現象か?

硬毛化とは一体どういった現象か?

 あなたの周りの知人や友人の中に、「脱毛を受けたけれど毛が抜けるどころかむしろ太くなってしまった」という経験をお持ちの方はいらっしゃいませんでしょうか?
 実はこの現象こそが脱毛による「硬毛化」とされています。
 脱毛を行うつもりで脱毛施術を受けたら逆に毛が太くなってしまうとは一体どういうことなのでしょうか?
 実は硬毛化の詳しい原因やメカニズムは未だ解明されていないのが実情なのですが、原因として考えられるものの一つに光脱毛やレーザー脱毛による脱毛施術が挙げられます。
 これはどういうことかと言いますと、光脱毛にしてもレーザー脱毛(医療脱毛)にしても、脱毛の仕組みとしては黒い毛に含まれるメラニンという色素に反応する光を用いて照射し、メラニンと光を反応させることで熱を起こし、毛を作る元となる毛根部分を破壊、若しくはダメージを蓄積させていき、これを繰り返し行うことで毛の再生率を低下させていくものとなっています。
 毛にしっかりメラニンが含まれていれば、毛根部分を破壊したりダメージを与えられるだけの熱量を送り込んでいけますが、このメラニンの含有量が少ない毛(産毛のような細い毛)に対して照射を行うことで中途半端な量の熱が毛根部周辺に伝わってしまう恐れがあります。
 こうなると、毛根部にダメージが与えられず、逆にこの微量の熱によって周辺の細胞や組織が活性化してしまうことで元々細かった毛が硬く太く変化してしまうのです。
 「増毛化」や「多毛化」等とも呼ばれることがありますが、人間の毛穴の数は遺伝子等によって元々決まっており、それが増える可能性はほとんどないことから毛の絶対数が増えるという事は考えにくいでしょう。
 よって、毛が増えるというよりも、毛の質が強くなったという表現が適切かと思われます。

脱毛前には硬毛化に対する正しい理解を

脱毛前には硬毛化に対する正しい理解を

 硬毛化のリスクを考えると、脱毛を受ける場合、特に二の腕や肩、背中、腰、うなじ、顔には注意が必要となります。
 これらの部位の毛は細く産毛のような毛が多く存在していますので、硬毛化するリスクは他の部位に比べてかなり高いと言えます。
 ただし、硬毛化をしてしまったからと言って生涯そのまま毛が抜けないわけではありません。
 万が一硬毛化をしてしまった場合でも、太くなった毛に対してはしっかり脱毛のアプローチをしていけるので、その後の脱毛は可能となります。
 ただし、通常の脱毛回数に比べると照射回数が多くなってしまう可能性があることについては頭に置いておいた方が良いでしょう。
 硬毛化してしまったからと言って、落ち込んで諦めてしまうようなことにならない為に、アフターケアをしっかり行ってくれる脱毛サロンやクリニックを事前にしっかり調査しておいたり、最初のカウンセリング時に硬毛化の気になることについて質問しておくのも良いかと思います。

硬毛化のリスクは技術力で最小限に抑える!VBCの医療脱毛へ

硬毛化のリスクは技術力で最小限に抑える!VBCの医療脱毛へ

 上記でも述べたように、硬毛化は脱毛を考えていく上でとても気になる症状の一つだというお話をさせて頂きましたが、だからと言って脱毛に対してネガティブになる必要はありません。
 この硬毛化は施術者の技術力や脱毛機の性能自体でも大きくリスク回避が出来るのです。
 VIVACE BEAUTY クリニックでは医療脱毛に長く携わる医師や看護師が在籍していますので、硬毛化のしやすい場所や照射を避けた方が良さそうな場所の選定など、お客様1人1人にあった最適な脱毛プランをご提案致します。
 医師在中で、安心・安全に脱毛施術を受けたい方は、レーザー脱毛院であるVIVACE BEAUTY クリニックへお任せ下さい。

その他の医療レーザー脱毛の基礎知識へ