VIVACE BEAUTY クリニック

医療脱毛前後の【飲酒】はNG?
レーザー脱毛はVIVACE BEAUTY クリニック姫路院


医療脱毛前後に飲酒をしても良いのか?

医療脱毛前後に飲酒をしても良いのか?

 「脱毛」は一回の施術で完了する訳では無い為、毛周期(別記事「医療脱毛と毛周期」を参照)に合わせて数回通い続ける必要があります。
 また、成人している方であれば普段過ごす日常の中でアルコールをたしなむこともきっとあることでしょう。
 そんな時にふとこんな疑問を持つことは無いでしょうか?
 「医療脱毛を行う前や、行った後すぐにアルコールを摂取しても良いのだろうか?」
 この疑問の答えとしては、医療脱毛前後の飲酒は「NG」という結果になります。
 医療脱毛を取り扱うクリニックに限らず、脱毛サロンにおいても同様です。
 コース等の契約を交わす際に、脱毛施術を受けるにあたっての禁忌事項として「脱毛施術前後の飲酒は禁止」と書かれているケースが多いのではないでしょうか。
 自身の目で事前にしっかり確認してから、分からない内容はカウンセラーにしっかりと伝えることが重要です。

飲酒が医療脱毛に及ぼす影響とは?

飲酒が医療脱毛に及ぼす影響とは?

 ではなぜ脱毛施術の前後の飲酒はいけないのでしょうか?
 理由は大きく分けて3つあり、それぞれ分けて詳しく解説していきます。

 理由1:アルコール摂取による血行促進
 まず第一の理由として挙げられるのは、飲酒でアルコールを摂取することで起こる血行の促進です。
 アルコールを摂取することで体温が上がり、血液の流れも良くなります。
 血行が良くなるとどうなるかということは、お風呂で温まったことを想像してもらえれば分かりやすいかもしれません。
 肌表面が赤くなり、痒みなどが現れると思います。
 アルコール摂取時も同じような症状が現れ、肌が敏感な状態となってしまいます。
 こうした状態で脱毛施術によるレーザーや光を浴びることで、敏感肌への刺激が通常の時よりも大きくなり肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。
 なので脱毛施術前はもちろんですが、脱毛施術直後もアルコールの摂取は避けて下さい。
 脱毛施術を受けた後は少なからず肌にダメージを受けている状態なので、そういった状態の時もアルコールで血行を良くしてしまうのはNGなのです。

アルコールによって体内の水分が奪われる

 理由2:アルコールによって体内の水分が奪われる
 二つ目の理由としては、アルコールを摂取することで体内から水分が減ってしまうことです。
 どういうことかというと、まずアルコールを摂取することで利尿作用により体外へ尿として水分の多くが排出されてしまいます。
 また、体内に入ってきたアルコールを分解する為にも水分は使われてしまうので、結果水分不足(脱水症状)として肌が乾燥してしまう恐れがあるのです。
 肌の乾燥は免疫機能低下にも繋がる為、脱毛施術時に肌トラブルを引き起こす可能性があります。

 理由3:過度な摂取による不注意事故や怪我
 アルコールを過度に摂取してしまうと、善し悪しの判断がつきにくくなってしまったり、物事の判断能力も鈍ってしまうことから、クリニックや脱毛サロンへ通うまでにも事故や怪我にあってしまう可能性もあります。
 自分だけではなく、周囲の方にも被害を及ぼしてしまう可能性があるので、過度な摂取も当然ながらNGとなります。

医療脱毛前後はいつから飲酒OK?

医療脱毛前後はいつから飲酒OK?

 ここまでは医療脱毛前後にアルコールの摂取はやめましょうという内容を書いてきました。
 ではいつぐらいからなら飲酒OKなのでしょうか?
 各々の体質や、飲む種類、量によっても大きく変わってきやすい部分であると思うので、あくまでも参考程度にして下さい。
 脱毛施術前は約24時間ほどあけて、アルコールが完全に抜けて体のコンディションが良い状態で脱毛施術を受けましょう。
 脱毛施術後で言えば、照射後の敏感肌が治まる約2~3日はアルコール摂取を避けて頂いた方が良いかもしれません。
 付き合い等で様々な場面で飲酒することがあるかと思いますが、自身の体を守り、効率の良い脱毛を行っていく為にも、医療脱毛前後はしっかり体調管理を行いましょう。

医療脱毛後はアトピー悪化を防げる?

医療脱毛後はアトピー悪化を防げる?

 医療脱毛が完了した後は勿論ムダ毛の自己処理を行う必要性がほぼほぼ無くなってしまいますので、肌にかかる負担が大きく軽減されます。
 なので、自己処理によるアトピー性皮膚炎の悪化は概ね防ぐことが可能と言えるでしょう。 
 夏場でもムダ毛を気にすることなく袖の短いシャツや丈の短いスカート、パンツを履くこともできます。
 また、袖や裾の短い衣類を着ることによって、衣類と肌の擦れが軽減され、痒みを引き起こすリスクを減少させる効果もあるのです。
 医療脱毛にてアトピー性皮膚炎を根本的に治療できるということではありませんが、気になる体毛を医療脱毛することで自己処理回数が大きく減り、痒みや湿疹等の症状の悪化から身を守ることにも繋がるのです。
 アトピー体質の方で、医療脱毛をお考えの方は是非VIVACE BEAUTY クリニックへ一度ご相談下さいませ。
 専門の医師、看護師が一人一人の症状をしっかりとヒアリングし、適切な脱毛施術を提供させて頂きます。

その他の医療レーザー脱毛の基礎知識へ